様々なインフルエンザ予防法

インフルエンザは日常生活やワクチン、薬などで防ぐことが出来ます。自分や周りに感染を広げないためにもインフルエンザの知識を見につけ、予防と対策をしっかりと行いましょう。

薬効かないインフルエンザウイルスを生まない服用期間

インフルエンザにかかってしまった場合には、一時代前には有効で気軽に使用できる安全性もある治療薬がなかったことから、安静にして自然治癒を待つことしかできないというのが一般的な状況でした。しかし、ノイラミニダーゼ阻害薬が開発されたことによってインフルエンザからの回復を早めることができるようになり、その安全性も高いとされていることから頻繁に利用されるようになりました。しかし、ノイラミニダーゼ阻害薬を使用する際にはいくつかの注意点があります。重要な点としてよく知られるようになってきたのが、インフルエンザの症状が出てきてから飲み始めるまでの期間についての注意点です。有効性が示されているのは、症状が出始めてから48時間以内に服用を開始した場合のみであり、それ以降からの場合には効かない可能性があるというものです。できる限り早く服用を始めるということが大切であり、薬を処方してもらったらその場で使用することが重要とされています。もう一つの注意点として知られているのが服用期間として定められている五日間は薬を使用し続けるということです。これを怠ることによってその薬が効かない耐性ウイルスが生じてきてしまうリスクが飛躍的に高まるからです。そのため、定められた期間中はインフルエンザから治ったと感じたとしても、その薬が効かないという感じがしたとしても最後まで飲み続けるということが重要になります。ただし、薬を飲んだことによる副作用が生じてきた場合には例外であり、たとえまだ飲み始めであったとしても速やかに服用を中止して医師に相談することが大切です。重篤な事態を避けるためにもどんな決まりにも例外があるということを知っておくのも重要なことです。