様々なインフルエンザ予防法

インフルエンザは日常生活やワクチン、薬などで防ぐことが出来ます。自分や周りに感染を広げないためにもインフルエンザの知識を見につけ、予防と対策をしっかりと行いましょう。

札幌で特に流行しやすい季節性のインフルエンザ

一般的な風邪と季節性のインフルエンザはウイルスにより発症するという点では共通ですが、要因となるウイルスをはじめ症状などには差異が存在する上に治療方法も異なります。
インフルエンザは毎年12月から3月の冬の季節に流行します。
外気温と湿度が低くなるとインフルエンザウイルスが活発になるためで、特に外気温と湿度が低下する札幌では感染者数が多いという特徴があります。
一度流行すると短い期間で拡大し年齢や性別といった点に左右されることなく感染します。
季節性のインフルエンザの原因となるウイルスは、A型をはじめB型やC型という3種類が存在します。
中でも最も流行の原因となるのはA型とB型です。
特に、A型はウイルスが変異することが多いため非常に拡大しやすいとされています。
当然、札幌においてもこの2つが広まりやすいです。
感染してしまうと厄介であるものの、早期に治療を行うことで重症化を避けられたり合併症を予防できます。
さらに、ワクチンを使用しておくことで免疫を持たせたり重症化や合併症を予防することが可能です。
そのため、できるだけ早い時期に札幌の医院を受診することが好ましいです。
インフルエンザの感染経路は、感染している方の咳もしくはくしゃみにより体外に放出されたウイルスを吸い込むことで感染してしまいます。
こうした事を飛沫感染と呼びますが、ウイルスが付着してしまっているものを素手で触れ、その後目や鼻、口といった部位に触れ症状に陥る接触感染もあります。
主にみられる症状は通常の風邪では起こりにくい38度以上の高熱や頭痛、喉の痛みなどが挙げられます。
また、徐々に症状がみられるのではなく急激に起こるというのも特徴的です。