様々なインフルエンザ予防法

インフルエンザは日常生活やワクチン、薬などで防ぐことが出来ます。自分や周りに感染を広げないためにもインフルエンザの知識を見につけ、予防と対策をしっかりと行いましょう。

インフルエンザの感染可能期間、検査方法は?

インフルエンザに感染すると、幼稚園や学校では通園通学を控えなくてはなりません。学校保健安全法施行規則で、「解熱後2日間は出席停止」「発症後5日間は出席停止」という項目があるためです。インフルエンザの感染可能期間は、発症の1日前から7日程度だと言われています。発症から5日を過ぎればウイルスの排出はほぼ終わっていると言われていますが、それ以降も少量ながらウイルスの排出が行われている可能性があるため、感染可能期間は7日程度と考えると良いでしょう。幼稚園や学校では一気にインフルエンザの感染が広がってしまう可能性が高いため、感染可能期間である5日間は出席停止という措置が取られています。会社の場合は熱が下がり症状が治まってから、医師の再診が必要な会社や、通常の風邪などと同じように症状が治まったら出勤するなどその会社によって対応が変わってきます。しかしインフルエンザ発症から10日程度は他の人への感染を防ぐため、マスクをするなど感染予防策をとると良いでしょう。
インフルエンザの検査方法は、一般的には迅速検査キットを使用します。検査方法は他にもありますが、検査結果が出るまでに5日~10日かかってしまい、検査結果が出たころにはインフルエンザの症状は治まっているため、粘液などを採取して検査気に掛ける10分程度で結果が出る迅速検査キットが使用されています。迅速検査キットを利用した検査方法は、95%以上の精度だと言われていますが、インフルエンザ感染から12時間経過しないと正確な検査結果が出ないと言われています。治療薬は感染から48時間以内に服用すると効果が高いため、早すぎず、遅すぎずのタイミングで検査を行い、適切な治療を行いましょう。