様々なインフルエンザ予防法

様々なインフルエンザ予防法

インフルエンザは日常生活やワクチン、薬などで防ぐことが出来ます。自分や周りに感染を広げないためにもインフルエンザの知識を見につけ、予防と対策をしっかりと行いましょう。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路の多くは、飛沫感染だと言われています。感染者がくしゃみや咳と一緒に、飛んだ飛沫にインフルエンザウイルスが混じっているのです。その飛沫を吸い込んだり、飛沫に触れた手で鼻や口に触れることでインフルエンザウイルスは感染していくことがあります。さらに、インフルエンザが流行する冬は空気が乾燥しています。その乾燥した空気に乗って漂っているインフルエンザウイルスを吸い込んでしまうことで感染してしまったり、感染者が触れたドアノブなどに触れることでウイルスが手に着き感染することもあります。
インフルエンザウイルスは症状が出ていなくても感染力は高く、知らないうちに家族や職場、学校でウイルスをまき散らしてしまっている可能性もあります。そのため、感染しない、万が一感染しても症状の発生を抑えるための対策が重要になってきます。
飛沫感染を防ぐには、マスクの着用が効果的です。そして手洗いうがいをして、手についているウイルスを口の周りに持っていくことがないようにします。また、空気が乾燥しているとどれだけマスクをして手洗い、うがいをしていても感染経路である鼻や口の粘膜が乾いてしまい、防御機能が働かなくなってしまいます。さらに空気が乾燥していると感染者のくしゃみや咳と一緒に体外に排出されたウイルスがいつまでも空気中を漂うことになるため、インフルエンザウイルスの感染リスクが上がります。そのため、部屋の中の湿度を適切に保ち、鼻やのどの粘膜が乾燥しないように努めたり、定期的に部屋の換気を行ったり、インフルエンザが蔓延しているときにはできるだけ人ごみの中には出かけて行かないことも感染予防の重要なポイントとなります。

↓インフルエンザ流行前に予防
インフルエンザの予防
↓インフルエンザと診断されたら
リレンザ